PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ボルボックスアート団 付属研究所

ボルボックスアート団付属研究所は、日夜ボルボックスアート団で実施するニューボーンアートイベントの企画を練り、研究しています。新しいアイディアが出てくるたびにブログが増えてまいります。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    三番〜六番 明厳寺、西法寺、妙安寺
    0
      JUGEMテーマ:アートエンタメ
      JUGEMテーマ:泉佐野市

       
      長者の御利益パワースポットめぐり
      三番〜六番

      三、四、五、六番は、明厳寺(三番)、西法寺(四番、五番)、妙安寺(六番)の三ヶ寺を巡ります。この三ヶ寺はいずれも長者が私財を投じて建てたといわれる長者ゆかりの深いお寺です。
      お寺の前でそっと手を合わせましょう。

      まず三番は、明厳寺…


      四番、五番は、西法寺と西法寺楼門




      五番 西法寺楼門
      食野長者が、正門までぐるっと回るのがじゃまくさいので、自宅に近い方に作らせた
      自分専用の門。長者のパワー炸裂(さくれつ)ですネエ




      六番は妙安寺


      長者が私財を投じて作ったお寺です。
      あやかりましょう。授かりましょう。

      | 長者のパワースポットめぐり | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      二番 いろは蔵通り
      0
        JUGEMテーマ:泉佐野市
        JUGEMテーマ:アートエンタメ

         金運財運長者のパワースポット巡り
        二番
        いろは蔵通り

        海岸沿いに大小の蔵(倉)がびっしりと立ち並んでいたという、その数50余り。その数の多さからいろは文字にたとえて「いろは四十八蔵」といわれておりました。昭和三十年代には、30数棟残っていましたが、今では数えるほどに。最大級の大蔵は、もう一、二棟のみとなりました。
        その数の多さと、使用されている材木の巨大さから、長者の力(パワー)の大きさを感じることができます。あやかりましょう。


        | 長者のパワースポットめぐり | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        金運財運 長者の御利益パワースポットめぐり 一番
        0
          JUGEMテーマ:アートエンタメ
          JUGEMテーマ:泉佐野市
           
           第一小学校正門前
          小学校には正門の松、立石と井戸のフチ石が当時のものといわれています。





          (校舎建て替えに伴って発掘調査が行われていました。)

          食野家の屋敷は、明治の初め、佐野初の小学校となり、開校当時は、屋敷がそのまま校舎として使われました。
          本家の敷地670坪、建物270坪。


          正門前の道路には、×の路面標識がありますが、ここが長者の面影をたどる佐野町場パワースポットめぐりの出発の地です。食野家の家紋は×で引き違い紋といいます。路面標識までもが長者のパワーのなせるワザに見えてくるから不思議です。



          学校の前の風景
          「食野宅跡碑」も桜に彩られていますよ。
          | 長者のパワースポットめぐり | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          金運財運長菜のパワースポットめぐり はじまりはじまり その2
          0
            JUGEMテーマ:泉佐野市

             
            長者についてちょっとひとこと。

            江戸時代 −町人の時代を築いた人々
            成金から長者へ

            成金というとなんだかあまりプラスイメージを描けませんよね。でも、町人の時代を築いた江戸時代初期の大坂の商人たちは、みなほとんど成金でした。井原西鶴は、この新興成金(なりあがりもの)たちをプラス評価していました。成金とは、親のゆずりを受けず、自らの才覚(智恵)と努力で一代で財を成した者。今でいえば、起業者・創業者(アントレプレナー)ということになります。そう言われれば、見上げたもの、立派なものです。

            新興の成り上がり者(成金)を見下し、馬鹿にしたのは、もちろん、代々親のゆずりを受けていた人たち、つまり、公家や武家でしょう。
            西鶴によって「総じて大坂の手前よろしき人皆代々の者にあらず」といわれた彼らも、富を得るにつれ、学術・芸術・文化を身につけると同時に、私塾を開いたり、町にも私財を投じ、町づくりに多大の貢献をしました。全国各地から夢を抱いて大坂にやって来て成金から長者になっていった彼らは、自らの出身地の町にも同じように富を投じて町づくりや学術・芸術の振興に情熱的に取り組んだのです。
            これぞ、まさに、成金から長者への道です。
            はじめは誰でも成金だ…

            | 長者のパワースポットめぐり | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            金運財運 泉州佐野 長者の御利益めぐりコース はじまりはじまり
            0
              JUGEMテーマ:泉佐野市

              ではいよいよこれから、金運財運 長者の御利益めぐりコースの御案内をすることにいたします〜

              長者伝説の町泉佐野

              江戸時代の作家、井原西鶴が、『日本永代蔵』に、「近代泉州に唐かねやとて、金銀に有徳なる人出来ぬ…」と書いた唐金家や、古典落語『莨(たばこ)の火』の主人公として語られる食野家は、江戸時代には、鴻池家、住友家、三井家など、大豪商たちと並ぶ日本屈指の大富豪でした。この両家は、江戸時代の初めに、彗星のごとく現れ、約200年栄え続け、幕末から明治初期にかけて、忽然と消えてしまったという、ナゾの長者たちです。

              廻船業を中心に日本中をまたに活躍した、このナゾの長者たちが現れ、拠点としたのが、ここ泉州佐野の海沿いの旧市街地一帯です。

              荒海にこぎだし、時代の変化に合わせ次々と新事業を展開、巨万の富を築いた長者たち。その富を人々に分け与えつつ、町づくりや文化芸術にも積極的に投じました。今でいう社会貢献もして、人々から愛され、親しまれ、敬われ、数々のエピソードを残した泉州佐野の長者たちです。

              残されたその面影をたどれば、長者たちのパワーや、長者たちを生んだこの“地のパワー”が、きっと何か不思議な力となって、あなたの心に宿り、気力が湧いてくることでしょう。


              より大きな地図で 金運財運 長者の御利益めぐり を表示
              | 長者のパワースポットめぐり | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              金運財運長者の御利益めぐり
              0
                JUGEMテーマ:泉佐野市
                 
                長者伝説の町泉佐野で「金運財運長者の御利益めぐり」コースを開発し
                いよいよ、本格的な観光地づくりにチャレンジします。

                このコースには、江戸時代の長者たちが寄進した
                灯籠や水鉢、長者が建てたお寺などなど、
                長者のパワースポットが満載なんです。

                さらにさらに、
                このほど、「伝・長者の屋敷跡石」を、「長者の御利益石」として
                まちめぐりコース内に設置させてもらえることが決まり、
                長者の御利益石の運び出しが行われました。

                当面、つばさ通り商店街の、以前「金運長者商店街」というイベントでボルボックスアート団の「新商品・新企画開発研究所」をさせていただいたところに設置させていただくことになりました〜

                ↓「新商品・新企画開発研究所」
                http://volvoxart.jugem.jp/manage/?mode=write&eid=112


                「伝・長者の屋敷跡石」とは:江戸時代、三井住友とならんで「長者番付」にも登場する「食野(めしの)」長者のお屋敷の石です。
                | 長者のパワースポットめぐり | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                長者の御利益めぐり
                0
                  JUGEMテーマ:アートエンタメ
                  JUGEMテーマ:泉佐野市
                   長者伝説の町泉佐野で「御利益めぐりツアー」(よみうり旅行・ホテル日航関西空港 共同企画)が実現しました。
                  そこで
                  われわれボルボックスアート団がかねてより計画していた
                  「金運財運長者の御利益パワースポット」をガイドブックにまとめることにしました。

                  金運財運が授かる、あやかる、おもしろスポットをこれから御紹介していきまーす。

                  ↓こんな感じでスタートです〜

                  ◎長者の御利益(ごりやく)パワースポット巡り
                  長者を生んだ佐野の地には、きっと何か不思議な力があるはず
                  そして、長者たちにも授かった、長者を生んだ佐野の“地”に秘められたパワーを、あなたも授かりに行きましょう。



                  | 長者のパワースポットめぐり | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  PR
                  SEARCH THIS SITE.
                  MOBILE
                  qrcode
                  OTHERS