PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

ボルボックスアート団 付属研究所

ボルボックスアート団付属研究所は、日夜ボルボックスアート団で実施するニューボーンアートイベントの企画を練り、研究しています。新しいアイディアが出てくるたびにブログが増えてまいります。
<< 「長者伝説の町」で雑貨・ファッション関連開発! | main | 「長者伝説の町」ドキュメンタリータッチ映像 いよいよ大詰め! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    商店街国際化対応プロジェクトっ
    0
      JUGEMテーマ:泉佐野市
       
      泉佐野には国際空港がありまーす。
      それで他の町にはない資源として、ホテルが駅周辺にたくさん建っているんです。
      ホテルは外国人がたくさん宿泊していて、けっこう駅前を歩いています。
      ホテルにじっとしているより、「何かええもんえもんないかいな」とばかり、夕食を終えたら町に出たくなりますよね。
      しかーし、商店街は夕方6時に閉まってしまうんです。。。

      それに、、、外国人旅行者が店に入ろうとすると、「外国語できまへん」とばかり、腕で「×」をしてますという店もあったんです。
      なんぼなんでも、お買い物しないひやかしであっても、「×」はないよなー、と思って、
      ボルボックスアート団では、「ウェルカム看板」をつくってお店に貼ってもらうことにしました。雰囲気だけでもかわりますよね。
      多言語マップなんかもつくりました。

      このたびは、さらに一歩すすめようと、外国語での最低限のことばを発してもらおうと思っています。日本に在住する外国人の方にご協力を得て、実際に商店街でお買い物をする映像を撮影し、それを「接客マニュアル」として見てもらおうと考えたんです。

      ひとこと会話の本は100円ショップにもたくさんあります。これから外国に行こうという日本人旅行者のための本はあるんですが、外国人を受け入れる日本人のお店の人のための本、というのはありません。

      そこで、そういうのをつくろうと思っているんです。
      商店街では、ファッション、カフェ、呉服、薬局、寿司、雑貨、ケーキ、、いろんなお店があってそれぞれ接客のことばも違うので、一律のものではいかないでしょうから、
      まずは、日本語に堪能な方のご協力をいただいて、プロトタイプとなるものをつくってみたいと思います。

      | 国際化推進室 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 07:39 | - | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        OTHERS