PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ボルボックスアート団 付属研究所

ボルボックスアート団付属研究所は、日夜ボルボックスアート団で実施するニューボーンアートイベントの企画を練り、研究しています。新しいアイディアが出てくるたびにブログが増えてまいります。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    津山チャリで城東地区めぐり
    0
      JUGEMテーマ:ぶらり旅


      津山(岡山県)の城東地区にも観光レンタサイクルがあります。



      城東地区の町をチャリをとばして走るのも
      気分爽快!

      スエザワ自転車にて。
       

      | 観風の旅の宿 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      観風の旅 外国人による津山ツアー 速報
      0
        JUGEMテーマ:ぶらり旅

        大阪からJRバスで約3時間で行ける津山。
        ここは城下町の風情があり、おいしい食べ物あり、最近はスウィーツがすごい!ということで
        大阪のゲストハウスで出会ったイギリス人や、オーストリア、イタリア、中国の人たちを連れて
        観風(かんぷう)の旅を実験的に行いました。

        観風の旅とは
        日本中どんな町にも、素敵な人と風景風情風物がある。。
        その町の風を感じに旅をしよう、、ということで
        観光地としては出てこないまちを旅から旅してみようというもの。

        城東まちなみ保存地区をぶらぶら歩き



        ボンサイを発見
        彼女のお父さんはイタリアで盆栽をしているんだそうです!なんと町には「盆栽愛好の会」があるんだそうです。



        道端でかまきりを発見


        イギリスにはカマキリはいないんだろうか?


        犬と会話する
        「こっちむいて〜」




        旅の宿はあけぼの旅館


        今回は旅館に宿泊。
        ゲストハウスがあったら、また津山に来たいですか?と聞いたら
        「ぜひ!ぜったい!」みんなが言ってました!

         
        | 観風の旅の宿 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        観風の旅の宿プロジェクトー津山情報誌を西成観光案内所に配布!
        0
          JUGEMテーマ:ぶらり旅
           
          津山の盆地情報誌(?)「OH!BONCHI!」完成
          津山のスウィーツをとりあげた創刊号を持って、大阪西成に多数宿泊する旅行者に配布するぞ!という計画を実行しました。

          津山をPRして、少しでも外国人に津山に来てもらいたい!という目的ですが、
          この2日間で、学生たちに、古長屋やふつうの昭和な民家を改装したら、カフェやゲストハウスができるよ、という例を見てもらいたいというねらいもあります。

          <1日目>
          美作大学から情報誌作成チームのうち3名がバスで到着。
          ぴーすはうす昭和というゲストハウスに荷物を置かせてもらって、情報誌を待つ間、
          とりあえず大阪市内を一望できる通天閣・串カツを体験してもらい、いざ作業。

          ココルームさんの畳の部屋で挟み込み作業などをさせてもらったらもう夕方。
          西成の南霞町からは、大阪唯一のチンチン電車に乗れるので、まずはこれに乗って、ディープなチン電界隈をうろうろ。
          東天下茶屋のあたりきしゃりき堂でドーナツをたべたり、、 コイズカフェのあとにできたお店をのぞいたり。
          王子通り商店街で、エフエーサロンを見学。100円で飲み物が飲み放題、商店街で買ったものを座って食べられるスペースがあり、定期的にイベントをされています。こういう場があると、地域のいろんな人が交流できていいんだよな、、、。

          学生たちをぴーすはうす昭和に送り届けました。
          1階の居間には、いろんな国の人たちがいっぱい!
          ぴーすはうす昭和のオーナーさんともお話ができ、大阪からちょっと足を延ばして楽しめる場の情報があるのは、とってもありがたい!と喜んでもらえました。
          目的なく旅に来ている、まさに「観風の旅」をしている人がいっぱい集まる場だったのです。

          <2日目>
          翌朝彼女たちをお迎えに行ったら、同じ日に初めて日本に来たというイギリス人のダニエルと仲良しになってたので、一緒に町歩きしないかとお誘いしてみました。
          「OKOK」と、デイビッドはわけのわからないまま、私たちとともに行動することに。
          (数か月も滞在するんだそうです)

          まずは、西成のホテル中央横の観光案内所に持ってい来ました。


          運営している阪南大の学生さんによると、外国人旅行者から、大阪に3〜4日滞在すると、大阪や京都奈良はもう見た、もっとほかに1泊程度で行けるところはないのか?と質問されることが多いそうです。

          津山は大阪からバスで3時間。そのバスもジャパンレールパスが使える。行ったら、風光明媚な城下町の街並みや、スウィーツ、おいしい地ビールや干し肉なんかもある。近くに美作三湯の温泉もある。JRで四国や倉敷や山陰、、どこにでも行けるとPRしたところ、

          こういう情報は大変ありがたい!!と感謝されたんです!

          やっぱり!
          観光のあとは、観風(かんぷう)の旅。大都会や観光地を訪ねたら、次は、ちょっと違うところや、きれいな景色や、そこの町の人とふれあうような旅がしたいんだ!
          思っていたとおりです。


          手ごたえはつかんだぞ!


          そのあとは、町歩きをしました。
          津山でもできれば、城東地区という出雲街道沿いの町並みの残るあたりに、ゲストハウス&カフェなんかができたらいいなあ〜

          ということで、イメージをつかんでもらおうと、

          古長屋をおしゃれなカフェや雑貨店にしているところを、あちこちうろうろ見てまわりました。

          カフェアマントから福崎町に行きまったり。たった一人のアーチストから、町中にカフェやギャラリーがいっぱいに。

          中崎町から都島通りを渡ったあたりにも、古い民家が残っていて、そこにも新しお店がぽつぽつできています。オープンしたばかりのフォトグラファーの方のスペースにも立ち寄りました。
          (なんとここは、昨日、あたりきしゃりき堂にフライヤーが置いてあったお店)

          音楽をやりたい、どこかでライブをしているバンドの人と一緒に演奏できたらな、、、というデイビッドにぴったりの情報も得られました。(ちょうど明日ここでミニライブがあるんだそうで、そのバンドの人たちは毎週大阪城公園で練習しているんだとか。デイビッドもぴーすはうすからギターを借りて、一緒に練習したいと言っていた。)

          そのあと、福崎町の商店街でたこ焼き屋をやっている沖縄出身のおばちゃんのお店に行き、サーターアンダギーを食べ歩き。

          このころからデイビッドが、時差ボケと昨日ほとんど寝ていない状態だったためか、眠さが限界に達しました。
          なんとか、天王寺から御堂筋線に乗り換えて動物園前へ、と説明したけど、大丈夫だったかな。

          初めて日本に来て、あちこちうろうろさせられて、びっくりしてたかも(笑) 親切の押し売りをする日本人には気をつけろ!ってブログに描いてるかも(笑)

          空堀の複合施設も見てまわり、女子たちの頭には、古い民家を活用したお店のイメージがかなりインプットされたみたい。
          本当に、起業できるよう、私たちは、彼女たちのがんばりを応援し続けるぞ!


          作業をさせてもらった、ココルームさん、荷物を受け取ってくれたHomedoorのみなさん、ココルームの元スタッフH川さん、上海から帰国したばかりなのに町歩きに参加してくれたMさん、美作大学OGのTさん、Homedoorさんとの連絡をしてくださった施さんに感謝!


          いろいろ歩いていたら、お店の人やアーチストの人たちと自然に知り合いになれて、新しい情報も入って、人と人がつながっていく、、、
          2日間、みんなで観風の旅を満喫しちゃいました。
          | 観風の旅の宿 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          観風(かんぷう)の旅の宿プロジェクト 社会実験スタート
          0
            JUGEMテーマ:ぶらり旅

            観風(かんぷう)の旅の宿プロジェクトをすすめています。
             

            私たちは、以前から、日本じゅうに中低所得者層の外国人旅行者の宿があまりにも不足していると訴えてきました。

            ヨーロッパに行けば、どんな街でも主要駅に24時間対応のインフォメーションセンターがあって素泊まりの安宿を探してくれるのだそうです。

            日本よりも先に高齢社会に突入したヨーロッパは、政策的に、中心市街地に安宿(ペンション)を整備したのです。

            ペンションとは、もともと年金の意味で、年金暮らしになった商店主が収入を得るために考えたため、そういう名前で呼ばれているのだそうです。

             

            日本も、すでに超高齢社会に突入。一方中心市街地はシャッターストリートとなっています。特に地方都市は疲弊しています。

            商店主さんも夫婦の間はまだいいのですが、お一人になったとたん、年金だけでは暮らしていけなくなり、生活保護になってしまう・・

            空いている部屋をペンションにすれば、高齢者の所得づくりになり、旅人との交流で孤独なお年寄りが減り、福祉予算の増加を防ぐこともできます。

            宿は素泊まりのため、周辺で買い物をしたり食べたりするので、地域経済を活性化させることができます。

             

            日本じゅうどこにいっても、駅の近くの商店街に安く泊まれるところがあったら、外国人だけじゃなくて、日本人でも旅から旅を楽しむことができるはず。

             

            大阪の西成には、ドヤ街をヤドにと、1つのホテルの若い経営者の発案で、ホテルに改装し、英語で発信したところ、外国人たちがどんどん訪れるようになりました。

            今や、商店街のメニューは多言語化されています。

            安い宿と情報さえ発信されれば、外国人旅行者はたくさん訪れるのです。彼らに聞いてみたところ、ホテルよりも民家や商店街のような、日本の普通の人が暮らしているところで泊まりたいそうです。

            でも、なかなか、民家は数が限られ商店街にというのはありません。

             

            こういった安い宿を旅する個人旅行者の人たちは、ただ寝るだけに高いお金をかけるのではなく、美味しいものを食べたり、芸術文化にお金を使おう、という旅人たちです。

            風の向くまま気の向くまま、あちこち旅をし、おもしろい情報があれば、宿泊を延ばすという人たちです。

            (こういう、大きな観光地ではなく、その町の風を感じて旅することを「観風」といいます。これは造語ではなく広辞苑にもでています。)

             

            そこで、大都市から地方都市へと旅から旅をするようなモデルを一度作ってみようと考えました。

            大阪に泊まって次にちょっと足をのばして楽しめるところを紹介する情報誌をつくって、それをホテルに泊まっている旅行者に配ってみようということから始めます。

             

             

            ご縁があって、美作大学の福祉のまちづくり学科の演習として、「地域経済」をとりあげ、そこで、情報誌を作ることになりましたので、

            ノーマライゼーションの理念で、作業所のスウィーツも区別なく紹介するというやり方で、製作することにしました。

            津山の魅力を発信し、津山に来てもらおう、ということで、特集は「スウィーツ王国津山」にしました。

             

            津山は、和洋菓子店あわせて市内に50以上の店があります。

            商店街はかなりさびれていますが、城東地区という古い町並みの整備がすすんでいて、なかなか趣のあるいいところです。

            私たちも、学生と一緒にスウィーツを食べまくり、情報誌を完成させました。

             
            山陽新聞


            明日西成のココルームさんに完成版を届けてもらうことになっています。

            ココルームさんでは、午前中はHome doorさんがモーニングをされているそうで、

            印刷物を受け取って下さるとのこと。ありがたいことです。

             

            まずは日本語版ができましたので、今後は、多言語版をつくって配布しようと考えています。

             

            さらに、10月30・31日には、スウィーツフェスタも開催され、津山の10数店舗のスウィーツが40種類も勢揃いする催しもあります。

            そのときに合わせて、外国人によるモニターツアーも実施しようと計画中です。

             

            いろんなまちを歩いてみたい、どこか遠くへ行きいたい〜

            津山にも古い民家を活用したゲストハウスや、ペンションができたらいいなあ、、と働きかけつつ、プロジェクトをすすめていきます。

             

            ゲストハウス情報をあつめて、「観風の旅の宿ネット」として紹介していきたいと思っております。

            ぜひ、また情報があれば教えて下さい〜

            | 観風の旅の宿 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            つばさナイトバザール!
            0
              JUGEMテーマ:アートエンタメ
              JUGEMテーマ:泉佐野市
               
              泉佐野の商店街の年に1度のイベント、今年もつばさナイトバザールが開催されました。
              いつもとちがって、商店街には何千人もの人たちが押し寄せます。



              今年のニューフェースは、
              パンダピンクちゃん。
              パンダレンジャーの紅一点。劇団テイルスさんにご協力いただき、初参加。あまりのかわいさに、握手を求めるお兄さんまでいました。
              劇団テイルスさんお世話になりました。http://tails03.hp.infoseek.co.jp/

              そして大阪大学ジャグリングサークルPatio。女子も加わり、さらに昨年よりパワーアップしてご登場いただきました。 (ステージのあとは、商店街に出没!)
              http://www.patio-web.net/


              鳴子踊りの女の子たちが、超カワイかったです〜


              和太鼓チームもがんばって盛り上げてくれました〜


              さて、ナイトバザールでのメインイベント(?)ビンゴゲームは、賞品にiPadがつくとあって、子どもたち+物欲にかられた(?)大人も加わって、大興奮状態でした。。。
              午後4時半と、8時半の2回開催だったのですが、夜の部は、1回目に当たらなかった人もリベンジできるとあって、ものすごい人人人・・
              あまりの人ごみに写真を撮影することもできず、、、、
              (どうか、みんな、商店街にお買いものに来てねーっ)



              うれしかったのは、閉店されたお店の奥さんが、シャッターを開けて、バザーに参加して下さったことです。
              たとえ大変でも、たくさんのお客さんでにぎわった一日は、商店街のみなさんの元気!につながるんだと思います。

              さて、ナイトバザール後は、さらに本格的に長者伝説でもりあげるぞー!
              | 観風の旅の宿 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              新商品・新企画開発ニュース(まとめて)
              0
                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                まちおこし企画「金運長者商店街」 
                つばさ通り商店街の「新商品・新企画開発研究所」は5月31日でおわり。
                お世話になった、商店街の皆様に感謝申し上げます。おくればせながら。。。

                会場は31日までだったのですが、研究員たちはさらに新商品・新企画開発に取り組んでおります。

                ニュースがたまっておりますので、ここでまとめてご紹介。

                まずは、
                私たちが当初めざしていた
                「ここ(商店街の空き店舗)が、アーチストさんや何かやろう!と思っている人のチャレンジショップになったらええのになあ〜」
                が実現!!

                陶芸作家・佐ノ川谷藍子さまのワークショップ(制作+販売)が行われています。

                彼女のパワーで夢が実現!

                http://ameblo.jp/koubou-chisetu/

                がんばれー!


                間もなく開催、
                堀江ART HOUSEにて
                アストロ温泉 新鋭作家展

                http://astroonsen.blog102.fc2.com/

                堀江は、実は泉佐野と深いかかわりがあり、私たちは“もうひとつの長者伝説の地”と呼んでいます。

                私たちは昨年6月に、ボタニカルニューボーンアートエキシビションを開催したんですが、
                くわしくは→http://botanicalart.jugem.jp/?eid=1

                そのとき、
                招待作家展として神埼智子展(bonsai版画・映像)を実施。
                くわしくは→http://botanicalart.jugem.jp/?eid=2

                (旧覚兵家米蔵)に、大阪アーツプランニングのアートディレクター西野様がお越しになり、
                神崎さんを通じてお近づきになることができました。
                ART HOUSE さんとも仲良くさせていただくことに。
                ともに、新人を発掘して売り出そう!という熱い心意気と、まちのつながりをつくろうと、堀江でギャラリーネットワークをすすめようとされている方々だったんです。

                私たちは、さらに、昨年の11月にはまちおこしイベント「長者伝説の町キャンペーン」を開催し、
                そのとき、堀江の町を練り歩くというイベントをしました。

                なぜなら、
                泉佐野の長者たちは江戸時代に堀江一帯を所有し、今の汐見橋は「唐金橋」と呼ばれていたし、
                立花通りの名前は、かつて唐金家の家紋が橘屋であったことから、この名前が残っているんです。
                今はかんきつ類であったことから、「オレンジストリート」となっています。
                そこを、アストロ温泉さんをはじめ、地元アーチストや、商店街の人達とともに、
                アーチストたちとそろいの法被を着て練り歩く!というイベントをしたんです。


                そのときに、西野さんとART HOUSEさんにアストロ温泉をご紹介して、
                現在にいたる、、、
                というわけです。

                アストロ温泉のすばらしい発想で、現在、新企画開発も着々と進行中。
                堀江とつながって、さらにさらに
                次の夢を実現したいです〜



                近況報告
                長者の木コンテストにご協力いただいた方にごあいさつまわり。

                いずれも劣らぬ見事な木、
                町全体が「成金草ギャラリー」として、まち案内をしてきた研究員でしたが、
                見つけることができなかった木がありました。

                いやはや、見事です。

                (そういえば、ボタニカルニューボーンアートエキシビションのときに、大きな成金草があるよと、
                わざわざ教えてくださった方がいて、見に行って、犬にほえられてびっくりした、あのお家だったんです!)

                つばさ通り商店街は夏まつりモード
                今年のつばさナイトバザールは7月11日

                商店街もナイトバザールモードに入っています。

                ボルボックスアート団もお手伝いさせていただくことになりました。



                <お知らせ>
                長者中の長者として表彰された皆様で、
                トロフィー(けなげちゃん(C))をまだお届けできていなかった方、
                大変遅くなりましたが、まもなくお届けにあがります。

                どうぞよろしくお願いいたします。
                | 観風の旅の宿 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                商店街CMづくりをめざして!
                0
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  商店街活性化のための新企画は
                  商店街CMづくり

                  1つ1つのお店がもうかってこそ、商店街活性化
                  商店街、、というか、駅周辺地域の活性化につながります。

                  まずは企画会議
                  ドキュメンタリー映像の講座を受け、その後コンクールで受賞、現在特撮にとりくんでいる高校生くんたちが、泉佐野のまちおこしに参加


                  新商品も食べてみる、、



                  ロケハン



                  第一小学校の運動会があり、
                  「長者伝説の聖地」食野宅跡碑を見ることができました




                  | 観風の旅の宿 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  新商品・新企画開発 アストロ温泉(追加)
                  0
                    JUGEMテーマ:アート・デザイン

                    5月9日のアストロ温泉の追加画像です

                    消しゴムはんこ!
                     
                    消しゴムハンコけなげちゃん

                    消しゴムハンコけなげちゃん


                    | 観風の旅の宿 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    お花のプレゼント
                    0
                      JUGEMテーマ:泉佐野市
                      JUGEMテーマ:アート・デザイン
                       
                      19日の研究所

                      ご近所の方々から
                      お花のプレゼントがありました
                      ありがとうございます!


                      かわいいブーケみたいにしよう・・・

                      まつみ玄璽さんのケーキ大福もいただき
                      食べてしまってから写真を撮りましたっ

                      | 観風の旅の宿 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      調査研究に行く研究員たち
                      0
                        JUGEMテーマ:アート・デザイン

                        18日は金運長者商店街の活性化のための「調査研究」のために、
                        大阪市内にでかけました。

                        商店街周辺の空き家などで、新しいお店ができたらいいなあ
                        ということで、
                        最近大阪市内で若い人たちの人気を集めている
                        古家を活用したカフェや雑貨店を見てまわったんです。

                        まずは諏訪ノ森(チンチン電車=阪堺電車の船尾駅近く)にある複合施設「遊」


                        以前、アートエンタメショウや、ボタニカルアートイベントのときにいっしょに遊んでもらった
                        るーりら・るりらさんもいるかな〜
                        (残念ながらこの日はお休みでしたが)

                        小さなお店がいっぱい集まっていると、外から見ているだけでも楽しい!
                        1つのお店なんか、日替わり店長でのおうちカフェをやっていて、こんなことが泉佐野でもできたらいいなあ、、、と思いました。

                        そのままチンチン電車に乗って、住吉で「天王寺駅前行き」に乗り換え、
                        東天下茶屋へ。

                        ボルボックスアート団の阪堺沿線メンバー(?)でもある
                        Koids cafe へ。
                        (詳しくは、チンチン電車ぶらぶらサイトのスタッフ日記を見てね
                        http://chinbura.net/)

                        お向かいのアンティーク家具屋さんKatachi design さんがオーナーで、
                        素のままでありながら、とってもおしゃれ
                        オーナーさんのセンスが光ってます


                        おいしいバナナジュースでのどをうるおし、
                        研究員は、皮小物の針山をゲット(かわいい!!けなげちゃんを作る時に使わせてもらおうっと)

                        天王寺駅前から谷町線に乗って中崎町へ

                        ここは本当に路地のあちこちの普通のおうちが
                        カフェや雑貨店がいっぱい。
                        たった一人のアーチストさんから始まったんですよね〜

                        何気ない風景、暮らしの息遣いがすぐそこに感じられて
                        歩いていても楽しい



                        「天人
                        全てはここから始まり続ける
                        築120年を超える古民家が一人のパフォーマーによって再生された。
                        通りすがりの1127人を巻きこみ
                        その行為は空家再生パフォーマンスと呼ばれた」(天人 パンフより)
                        http://amanto/jp
                        http://katy.jp/amanto/amanto@amanto.jp


                        この風景は、つばさ通りにも似てます





                        天人さんの周辺にも、成金草がいっぱい
                        けなげちゃん(C)も出没中です〜
                         
                        | 観風の旅の宿 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        PR
                        SEARCH THIS SITE.
                        MOBILE
                        qrcode
                        OTHERS